離婚後の養育費が払えない場合の対処方法

 

 

離婚後の養育費を払うことが出来なくなるというのは起きえるケースです!

 

養育費の支払いは数十年に及ぶことがあります。

 

子供が自立するまでは支払わなければいけない義務があるからです。

 

急な出費が続き養育費が払えなくなったときにはどうしたらよいのでしょうか?

 

対処方法を調べてみましたので参考にしてください。

 

養育費の支払いは滞納するよりも、消費者金融などを利用して支払いを期日通りにしていくことが
結果的にはメリットがあります。

 

離婚協議の時に養育費の支払いについての取り決めをすることがあります。

 

支払いが遅れたときには遅延損害金をどの程度にするのかを取り決めるのです。

 

具体的には年率何パーセントの利率にするかなどが決められていきます。

 

この遅延損害金の利率が高ければ高いほど、遅延金の量が増え、養育費の総合した支払金額は
大きくなっていきます。

 

滞納して放置し続けるほど支払いの負担が増えていくのです。

 

この遅延損害金の利率を考えると、短期的に消費者金融から融資を受けて送れずに支払いを
続けていった方が負担が軽くなるでしょう。

 

遅延損害金の利率は離婚時の取り決めによっては年率数十パーセントになることもあるので、
消費者金融の金利のほうがかなり低くなっています。

 

養育費の支払いを回避するために債務整理をしたとしても、この義務が消えることはありません。

 

減額されることも無いですし免除されることも無い、非常に支払い義務の強い性質のものです。

 

自己破産という手段を使うことも出来ないので、実質養育費はいつまでもついて回る義務と
言えるでしょう。

 

支払いが遅れていて、相手側が訴訟を起こすなら裁判所を通して家が差し押さえられたり、
給料が差し押さえられたりします。

 

一般的な借金のように放っておいたらいつの間にか時効だったという事もありません。

 

離婚時に具体的な養育費の取り決めをしていないなら、養育費に時効は適用されないので、
遙か過去に遡って滞納分を請求されることがあります。

 

これらの点を考えると養育費を滞納するのはかなりリスクがあることが分かるでしょう。

 

養育費を滞納しないためにも早めに消費者金融でキャッシングをして支払いを続けていく方が
得策です。

 

低金利の消費者金融のサービスもありますし、返済額を少なくできるリボ払いのシステムも
ありますので便利です。

 

もしすぐにでも現金が必要なときには、一度消費者金融のサービスセンターに対策について相談
してみるのも良いかも知れません。

サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)

 

TV・CMでおなじみの三井住友フィナンシャルグループのSMBC
コンシューマーファイナンスのプロミス。

 

プロミスはインターネットからの申込みに対し、審査は最短30分と
いう素早い回答を実施しているため、今日中にお金が必要という
方には、最適なカードローンになります。

 

そんな消費者金融大手のプロミスが展開する「フリーキャッシング」
は、生計費(生活費・レジャー資金・教育資金など)を融資してくれる
消費者金融サービスです。

 

プロミスは「30日間無利息融資」なので、10日間の借り入れなど、1ヶ月以内の利用であれば、利息は
かかりません。(30日の無利息融資を受けるには、メールアドレスとWeb明細利用の登録をする必要があります。)

 

またプロミスの手続きは、申し込みから融資まで、インターネット完結も対応可能なので来店する必要もなく、
申し込み当日に借り入れが可能(※)で、インターネットからの申込みに対し、審査は最短30分という素早い
回答を実施しているため、今日中にお金が必要という方には、最適なカードローンになります。
(※申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合もあります。)

 

週末や14時以降の場合にはネット申し込み後の自動契約機まで行くか、または三井住友銀行かジャパンネット
銀行の口座をお持ちであれば、24時間最短10秒振り込みの「瞬フリ」を使えば、曜日や時間を問わずにプロミス
なら最短即日融資も可能です。

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!


▼レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。▼

 

プロミスレディース

 

テレビCMでもおなじみの知名度のある会社で、電話連絡なし、
郵送物なし、バレる心配なしのSMBC モビット!

 

内緒で借りたい方に好評の「Web完結」の手続きなら電話連絡も
郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して
申し込めます。

 

そんなSMBC モビットの魅力は、三井住友銀行グループという
安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピードの速さ。

 

(※但し本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり)

 

他のキャッシングサービスのほとんどが最短でも審査に30分という中で、急いでお金が必要な場合は最も
事前審査の時間が短いSMBC モビットは大変便利です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)

 

申し込みは24時間可能で、店舗への来店や担保・保証人も必要なく、また電話確認も書類郵送もありま
せんので、家族や職場の人など、誰にも知られずに即日でお金を借りる事ができるSMBC モビットは
大変魅力です。

 

 

3秒診断で借入可能か事前にチェックできるアコム!

 

迅速な審査に加え、担保の不要のほか最短30分と即日融資の対応、
そんなアコムは顧客対応が良いと評判。

 

さらにアコムの利用がはじめてであれば、30日間金利が0円になる
サービスを提供しているので、上手く利用すればコスト0円で
借り入れする事も可能です。

 

来店不要で24時間ネットで申し込みが可能で、振込手数料無料、
24時間土日祝日でも返済可能です。アコムは、「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」
「楽天銀行」に対応しているので、これらの銀行口座を持っている方は、18:00までにWEB契約が完了
するように申し込むと即日融資が可能です。

 

主婦・学生の方でも、パート、アルバイトによる20歳以上の安定した収入がある方であれば借り入れ
可能です。 (※専業主婦は除く)

 

 

人気の地方銀行カードローン!

 

千葉銀行は、千葉県千葉市に本店を置く地方銀行で、地方銀行としては
全国第2位の規模を誇る銀行です。

 

そんな千葉銀行は銀行系カードローンなので「低金利」というのが
ポイント。

 

但し千葉銀行は、地方銀行なので地域制限があり、千葉県、東京都、
埼玉県、茨城県、神奈川県(横浜市、川崎市)に住居がある方もしくは
勤務先がある方が対象です。

 

派遣やパート、アルバイトといった非正規雇用の方、あるいは専業主婦といった方でも審査次第でお金を借りる
事が可能であり、幅広い人が利用できるローンとなっており、また最高限度額が800万円という高額である所も
人気の秘密です。

 

必要書類は運転免許証などの身分証明書のみで、すでに千葉銀行の普通預金口座を持っている方なら、WEBで
契約が完結し、融資が可能です。