まとまったお金が必要で50万円借りました!

 

 

どうしてもまとまったお金が必要だったので、私はとりあえずプロミスで50万円借りる
事にしました。

 

私がなぜ、50万円もの大金が必要だったかというのは、ココではあまり言えないので、
省略させて頂きますが、理由はどうであれ私のように「50万円必要だから借りたい!」
という方もいると思いますのでその経緯を紹介したいと思います。

 

ただ、私の場合は返済の見込みがちゃんとあったからですが、これからお金を借りようと
している方、これだけは忘れないでくださいね。

 

それは、「お金を借りる」という事は「借金」をするという事です。

 

借金をするという事は、そのお金を必ず返済しなくてはなりません!絶対にです!

 

借りたら返す!

 

そこで気になるのが月々の返済額と利息だと思います。その辺の事を詳しく解説して
いきますね。

 

サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)

 

 

TV・CMでおなじみのSMBCグループのSMBCコンシューマー
ファイナンスのプロミス。

 

プロミスは審査は、最短30分という素早い回答を実施しているため、
今日中にお金が必要という方には、最適なカードローンになります。

 

そんな消費者金融大手のプロミスが展開する「フリーキャッシング」
は、生計費(生活費・レジャー資金・教育資金など)を融資してくれる
消費者金融サービスです。

 

プロミスは「30日間無利息融資」なので、10日間の借り入れなど、1ヶ月以内の利用であれば、利息は
かかりません。(30日の無利息融資を受けるには、メールアドレスとWeb明細利用の登録をする必要があります。)

 

またプロミスの手続きは、申し込みから融資まで、インターネット完結も対応可能なので来店する必要もなく、
申し込み当日に借り入れが可能(※)で、インターネットからの申込みに対し、審査は最短30分という素早い
回答を実施しているため、今日中にお金が必要という方には、最適なカードローンになります。
(※申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合もあります。)

 

週末や14時以降の場合にはネット申し込み後の自動契約機まで行くか、または三井住友銀行かジャパンネット
銀行の口座をお持ちであれば、24時間最短10秒振り込みの「瞬フリ」を使えば、曜日や時間を問わずにプロミス
なら最短即日融資も可能です。

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!


▼レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。▼

 

プロミスレディース

 

テレビCMでもおなじみの知名度のある会社で、電話連絡なし、
郵送物なし、バレる心配なしのSMBC モビット!

 

内緒で借りたい方に好評の「Web完結」の手続きなら電話連絡も
郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して
申し込めます。

 

そんなSMBC モビットの魅力は、三井住友銀行グループという
安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピードの速さ。

 

(※但し本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり)

 

他のキャッシングサービスのほとんどが最短でも審査に30分という中で、急いでお金が必要な場合は最も
事前審査の時間が短いSMBC モビットは大変便利です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)

 

申し込みは24時間可能で、店舗への来店や担保・保証人も必要なく、また電話確認も書類郵送もありま
せんので、家族や職場の人など、誰にも知られずに即日でお金を借りる事ができるSMBC モビットは
大変魅力です。

 

 

最短30分で審査完了・即日融資も可能・
はじめての方なら最大30日間利息が0円!

 

来店不要で誰にも見られずに手続きができる、TVCMでも
お馴染みの大手人気消費者金融カードローンのアイフル!

 

そんなアイフルは、初回利用でも1,000円から借りられる
事から、キャッシング初心者でも安心して利用できると
評判です。(※一部の提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。)

 

またアイフルでは、ネットでの申し込みと契約で来店不要の手続きができ、カードの配達時間も選べる
「えらべーる」のサービスがあるため、家族に知られることなく、また周りに見られずにカードローンの
利用をしたいという方、なるべく内緒で借りたい方でも安心して利用する事ができます。

 

TVCMでもお馴染みの高い知名度からの信頼感、申し込みの時間や審査結果によっては翌営業日以降の
扱いとなる場合もありますが、最短即日融資も可能な素早い手続きもアイフルの魅力です。

 

 

3秒診断で借入可能か事前にチェックできるアコム!

 

迅速な審査に加え、担保の不要のほか最短30分と即日融資の対応、
そんなアコムは顧客対応が良いと評判。

 

さらにアコムの利用がはじめてであれば、30日間金利が0円になる
サービスを提供しているので、上手く利用すればコスト0円で
借り入れする事も可能です。

 

来店不要で24時間ネットで申し込みが可能で、振込手数料無料、
24時間土日祝日でも返済可能です。アコムは、「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」に
対応しているので、これらの銀行口座を持っている方は、18:00までにWEB契約が完了するように
申し込むと即日融資が可能です。

 

主婦・学生の方でも、パート、アルバイトによる20歳以上の安定した収入がある方であれば借り入れ
可能です。 (※専業主婦は除く)

 

 

人気の地方銀行カードローン!

 

千葉銀行は、千葉県千葉市に本店を置く地方銀行で、地方銀行としては
全国第2位の規模を誇る銀行です。

 

そんな千葉銀行は銀行系カードローンなので「低金利」というのが
ポイント。

 

但し千葉銀行は、地方銀行なので地域制限があり、千葉県、東京都、
埼玉県、茨城県、神奈川県(横浜市、川崎市)に住居がある方もしくは
勤務先がある方が対象です。

 

派遣やパート、アルバイトといった非正規雇用の方、あるいは専業主婦といった方でも審査次第でお金を借りる
事が可能であり、幅広い人が利用できるローンとなっており、また最高限度額が800万円という高額である所も
人気の秘密です。

 

必要書類は運転免許証などの身分証明書のみで、すでに千葉銀行の普通預金口座を持っている方なら、WEBで
契約が完結し、融資が可能です。

 

 

 

 

 

で、私がプロミスを選んだ理由は、初回30日間無利息というサービスがあったからです。

 

つまり、初めてプロミスを利用する人なら30日間無利息になるというサービスです。

 

50万円借りる前に知っておくべき知識!

 

 

50万円って、決して少ない金額ではないですよね!

 

ところで、「総量規制」って知っていますか?

 

「総量規制」とは、2010年の6月に、新たに貸金業法が改正された時に導入された法律です。

 

簡単にわかりやすく言うと「貸金業者は顧客の年収の3分の1までしか貸す事ができない」
という法律です。

 

つまり、年収が300万円の人ならその3分の1である100万円までしか借りられないという事です。

 

もしあなたの年収が300万円で、例えばすでにどこかで70万円借りているとします。

 

そうした場合、あなたが新たに借りれる金額は単純に30万円であり、50万円必要だったとしても
50万円は借りれず、30万円なら借りれるという事になります。

 

なのでまずは、この「総量規制」という法律をあなたの頭に入れておいて下さいね!

 

但し、総量規制には例外がいくつかあります。その1つが銀行カードローンですが、銀行での
借り入れの場合にはこの総量規制という法律はありません。

 

まずは利息の計算方法を知る!

 

 

 

利息の計算方法は以下のの算数によって簡単に計算できます。

 

借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

 

例で言うと、実質年率18%で10万円借りて30日後に返済する場合、

 

100,000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 1479.452・・・・

 

となり、小数点以下は切り捨てなので、このケースでの利息額は1,479円となります。

 

ただ私の場合は、50万円を一括返済する事は厳しかったので、ココでは私の場合の月々の
返済額と利息総額を以下で解説したいと思います。

 

月々の返済額と利息の総額について!

 

 

 

「お金を借りる」前に絶対に知っておくべき事、まずはそれを明確にしておかなくては
なりません。

 

それは自分の場合、毎月いくらずつ返済する事ができるのか?という事です。

 

返済するパターンも色々とありますが、多くは月々の返済額を低くした場合、この場合は
毎月の負担は減るかもしれません。

 

でもその分、完済するまでに時間がかかりますし、またそのぶん利息は増えます。

 

それともう1つは、この逆で月々の返済額を高くした場合、この場合は完済するまでの時間が短く
なるので利息は少なくなります。でも、毎月の負担は重たくなります。

 

返済には一般的にこの2つのパターンが多いのですが、そもそも、あなたがどのように返済を考える
かのコツとしては、まずあなたの今の収入と支出から毎月払える限度額は決めるという事です。

 

そして、その限度額の範囲内で月々の返済額を決定する!お金を借りると決めたら、これをまず
決めて下さい。

 

ただし、借り入れ先にもよりますが、私はプロミスでお金を借りました。

 

そのプロミスの場合、最長返済期間は5年以内となっています。そのため、50万円借りた場合は、
最低返済額は13,000円になります。

 

ちなみに私の場合は、毎月19,000円ずつ返済する事にしました。

 

19,000円なら給料から支払えますし、何と言ってもボーナスが出たら残額をまとめて一括で返済
すれば利息総額も安くなりますから。

 

で、以下で50万円借りた場合の「月々の返済額」「返済回数」「利息総額」「返済総額」を
まとめてみましたので、以下を参考にあなた自身の「月々の返済額」を決めてみて下さい。

 

◆実質年率17.8%の場合の返済シュミレーション◆

 

借りる金額

実質年率

月々の返済額

返済回数

利息総額

返済総額

 

 

 

 

50万円

 

 

 

 

17.8%

13,000円 58回(4年9ヶ月) 246,160円 746,160円
15,000円 47回(3年10ヶ月) 194,862円 694,862円
19,000円 34回(2年10ヶ月) 138,578円 638,578円
25,000円 24回(2年) 97,524円 597,524円
46,000円 12回(1年) 49,288円 549,288円

 

後、もしあなたの会社でボーナスがでるならば、その時にボーナスで全額返済をする
方法もあります。

 

もしそれができるのであれば、月々の返済額が少なくても、トータルでの利息総額は
減らす事ができるからです。

 

私の場合ですと、現在毎月19,000円返済していて、その利息は総額で138,578円に
なりますが、実は今度のボーナスで残高一括返済をする予定です。

 

なので、利息の負担をもっと減らす事ができます。

 

いずれにせよ、借りたお金はなるべく早く返済する事で、利息の負担を減らすことが
できますから!

 

返済日の返済方法

 

 

 

プロミスの場合、返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から都合にあわせて選ぶ事ができます。

 

下記に詳しくわかりやすいように表にしてみましたので、確認くださいね。

 

で、もしあなたの給料日が、5日なら15日に返済し、また15日なら25日返済にするといいでしょう。
もし、給料日が25日なら末日返済するといいでしょう。

 

返済方法はあなたのパソコンやスマホから、インターネット経由で銀行振込での返済が可能です。

 

また、口座からの自動引落しもできますし、プロミスATMやコンビニでも返済する事が可能ですから、
一番あなたにとって都合の良い返済方法を選ぶといいですよ。

 

ちなみに私の場合は、パソコンで銀行振り込みでの末日返済をしています。

 

ただ私の場合はプロミスでお金を借りていますが、プロミス以外のカードローン会社でも同じような
ものですよ。

 

【参考※プロミス初回のご返済期日】

 

ご返済期日

お借入日

初回ご返済期日

毎月 5日

1日〜19日
20日〜末日

お借入日の翌月のご返済期日
お借入日の翌々月のご返済期日

毎月 15日 1日〜末日 お借入日の翌月のご返済期日
毎月 25日

1日〜9日
10日〜末日

お借入日の同月のご返済期日
お借入日の翌月のご返済期日

毎月 末日

1日〜14日
15日〜末日

お借入日の同月のご返済期日
お借入日の翌月のご返済期日

※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望
される場合、ご返済期日は5日となります。

 

急遽お金が必要になる事は誰だってある!

 

 

 

日々生きていく中で、今稼いでいる自分の収入だけではどうにもならない時がありますよね!

 

私の場合は今回プロミスにお世話になったのですが、このように急遽お金が必要な時は迷わず
安心して借りる事ができる会社に頼っていいと思いますよ。

 

なぜなら、私が実証済みだから言えるんですが、というのも今の大手のカードローン会社は
銀行や上場企業のグループ会社なので安心です。

 

上記でも説明しましたが2010年6月に貸金業法も改正され、グレーゾーン金利もなくなりました。

 

これによって、現在はあくどい取り立てや怖い取り立てなんてありませんし、もしこれらを今
やった場合は社会問題になってしまいますからね。

 

それともう1つ、昔は銀行はほとんどが法人相手にお金を貸して利子で儲けていました。

 

しかし現在では、銀行でお金を借りてくれる企業は大幅に減っているんですよ。

 

そしてこれらの理由によって、銀行は個人融資に目をつけて、消費者金融をグループ会社に
してしまったのです。

 

つまり、有名な大手の消費者金融であるプロミス、アコム、モビットは全て銀行傘下に入って
いますからね。言いかえれば銀行で借りているのと何ら変わりはありません。

 

これらの背景から現在では個人でも安心して借りる事ができますし、また借りる事が恥ずかしい
事などありません。

 

なので借りるなら、堂々と借りて、返済をちゃんとする!そしてお金を借りたならばなるべく早く
返済する、これでいいのではないでしょうか?

 

ただ最後に忘れないでください!それは計画的に借りて計画的に返済するという事、これだけは
頭に入れておいてくださいね。